自然治癒力を高める健康サロン 「楽're」 オフィシャルサイト

ビタミン・腎

ビタミンとは

生体を正常に維持するためには、必要不可欠なものであり、エネルギー代謝・熱代謝などにおいて重要な役割を果たしています。

また、ビタミンなどの栄養素はそれ単体では体の構成成分やエネルギーにはならないが、体内のあらゆる代謝に必要であり、微量でその効果を発揮します。

ビタミンの働き

上記にもありますが、ビタミンはあらゆる代謝に必要な栄養素です。
例えるなら、潤滑油のような存在と言えます。

さらに付け加えると、食べ物の役割を車で例えるとすると、
タンパク質(肉・卵・魚・大豆など)は体を構成する骨や血・肉になり、糖分・でんぷん(米、麦・いも類など)はエネルギーを作りだします。
そしてビタミンは、体の働きを調節する役割があります。

相互作用

図のように食べ物の役割は、相互作用があるので健康の為に「これさえ食べてれば大丈夫」というものはなく、毎日バランス良く食べることが重要です。

ビタミンの種類と多く含む食品

<水に溶けるビタミン> 水溶性ビタミン

ビタミンB1(肉、豆、玄米、チーズ、牛乳、緑黄色野菜)
ビタミンB2(肉、卵黄、緑黄色野菜)
ビタミンB6(レバー、肉、卵、乳、魚、豆)
ビタミンB12(レバー、肉、魚、チーズ、卵)
ビタミンC(緑黄色野菜、果物)
ナイアシン(魚介類、肉類、海藻類、種実類)
パントテン酸(レバー、卵黄、豆類)
葉 酸(レバー、豆類、葉もの野菜、果物)
ビオチン(レバー、卵黄)

<脂に溶けるビタミン>脂溶性ビタミン

ビタミンA(レバー、卵、緑黄色野菜)
ビタミンD(肝油、魚、きくらげ、しいたけ)
ビタミンE(胚芽油、大豆、穀類、緑黄色野菜)
ビタミンK(納豆、緑黄色野菜)

※ミキサーやジューサーにかけると、ビタミンが壊れしまうので注意しましょう!

ビタミンは体内で作ることが出ないので、食事でしっかり摂ることが重要です。

ビタミンの働き

ビタミンの働きは、酵素を助けるだけではなく、体の調整を行います。

ビタミンC・ビタミンE
体の中に酸化された悪いものがたまるのを防ぐ。デトックス(排毒)作用

ビタミンD
ホルモンのように働く

ビタミンA
目の網膜にあり、光が当たると形を変えて、視神経を刺激し、物が見えるようにする。
目が見えにくかったりする場合は、ビタミンAの不足が原因かもしれません。

ビタミン剤(サプリメント)について

食事でビタミン剤が取れてないと思って、ビタミン剤を飲むのはやめましょう。
なぜなら、人工合成によって作られたビタミンであり錠剤等にする際に様々な化学物質を使用し、腐らないように防腐剤などが多く使われているので、ビタミンが足りないと思ってもビタミン剤などは、飲まない方がましなのです。

また、石油系の化学物質は排毒されにくく女性の場合は、子宮とバストに、男性の場合は肝臓と前立腺に蓄積されてしまいます。
それが、それぞれの乳癌や肝臓癌などの温床となっています。

ビタミンの生理的作用と欠乏で起こる症状

PDF資料の一部掲載

上記以外の資料は、実際のセミナー参加していただくとお配りしています。

レインボー(黒)腎系の治療

レインボーパワーを入れる場所は、「承山(しょうざん)」※図参照

レインボーテープを貼る場所は、「太谿(たいけい)」※図参照

承山・太谿

腎が悪いと、骨が弱くなり骨粗しょう症になりやすくなります。

また、耳も悪くなります。

「承山(しょうざん)」からまっすぐ上に上ったひざ裏に「委中(いちゅう)」という
経絡があります。

背中などからだの裏側が悪い場合は、この委中にパワーを入れることで
ほとんど良くなると言われています。

踵にある失眠(しつみん)というツボはむくみに効果があります。

耳が聞こえにくくなるのは、腎が悪くなっている可能性があるので
その為の経絡は耳受(ジジュ)の前の聴宮(チョウキュウ)と聴得(チョウエ)の2つが有効です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional