自然治癒力を高める健康サロン 「楽're」 オフィシャルサイト

レインボーエグゼ

レインボーエグゼ

「レインボー療法」は、日本の施術家・小野田順亮先生が考え出した東洋医学の流れを汲む施術法です。
古来より伝わる伝統療法・民間療法を研究すると共に、多数の施術家の協力を得て、膨大な数のクライ
アントに施術した経験を通して1992年に確立されました。

レインボー療法の特徴

レインボーパワー








・経穴や不調部位に施術する事によって経絡の流れを整え、
 自然治癒力を引き出します。
・適応する不調は広範囲で、概ね東洋医学の範疇です。
・主に「コリ・痛み・しびれ・関節の可動域制限」に対し、
 良い結果を出しています。
・体に傷を付けないので、恐怖心を与えず安心で、
 皮膚面の消毒も不要です。
・手技や他の療法と併用して施術出来ます。
・特別なライセンスが無くても施術出来ます。
・施術に力が要りませんので、術者にとっても体に無理なく
 利用出来ます。
・施術しやすく、服の上からも施術が出来、
 不安定な姿勢での施術も可能です。
・鉱物と形状の力を利用する事で、安定した効果が得られます。
・施術者が、自分自身にも施術出来ます。

『元氣』と『病氣』

『元氣』と『病氣』

「元氣」という字と「病氣」という字は、元の氣・氣の病(やまい)と書きます。普通に考えると体が病なのだから「病体」と書いたり、元の体に戻るという意味で「元体」と書いてもよさそうなものです。
かといって、「氣」という字の意味が「気持ち」の意味ではありません。よく言われる「病は気から」と勘違いしそうですが、この場合の「気」は「氣脈」の【氣】なのです。この氣脈を整える療法、「レインボー療法」を楽reでは、取り入れています。

プロテクノEXE(エグゼ)

プロテクノEXE

プロテクノEXEは神経と筋の再生 (再教育)を目的としています。
多くの機器類の疼痛緩解と消炎鎮痛の作用機序は、温熱効果やマッサージ効果による血液の循環作用によるものですが、 疼痛緩解と消炎鎮痛の効果を最大限に得るためには筋肉と神経の再教育がされなければなりません。
プロテクノEXEはEMS運動による患部のマッサージ効果に加え、神経と筋の再生を行うことで多様なリハビリテーションのニーズに答えることが可能です。

また、従来のEMSでは届かなかったインナーマッスルまで電気で刺激することが出来るので、ダイエットや内臓脂肪過多の方にも効果的に理想のウエストラインを作ることが出来ます。

レインボーエグゼ体験期(レインボー療法編)

まずは、写真のようにレインボーパワーを体の経穴を刺激し、体の悪い部分や弱っている部分を探っていきます。
私の場合は、胃腸とリンパの流れがあまり良くないということでした。
経穴を刺激した時に痛みがある場合は、その経穴の表す場所がよくないとのことでした。頭や心臓などの場所を刺激してもらった時にはほとんど痛みはありませんでしたが、胃腸の部分を刺激された時は、思わず「いたい!、いたい!!」と声を出すほどでした。

画像の説明 画像の説明

レインボーエグゼ体験期(プロテクノEXE編)

最初は、軽くビリビリとします。
よくある低周波治療器の大きい版のような感じでしょうか?ですが、実際は表面の筋肉をほぐすマッサージのようなものではなくインナーレベルコントロールと言って、自分ではなかなか鍛えられないインナーマッスルを鍛えてくれます。
実際に私が行った時は、背中にスポンジのような電気を流す機材を取り付け電流を流すと、胃がビクンビクンと動きます。
慣れないうちは、すごく違和感がありますが普段は意識して動かすことの出来ない筋肉が刺激されて動いてますので、確かにインナーマッスルが鍛えられている感じがします。

 
楽re

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional